スポーツ 義肢装具

足関節装具はスポーツパフォーマンスに影響する?

足関節の捻挫をした後にサポーターとして装具を装着する選手もいますよね.ですが足を守るためとはいえ,スポーツ中のパフォーマンスにあまりにも影響するようなら,使用を考えなければなりません.しかし実際のところ,足関節装具はスポーツパフォーマンスに影響しているんでしょうか?

【本日の話題】足関節装具はスポーツパフォーマンスに影響する?

はじめに

・足関節内反捻挫(以下,捻挫)はスポーツ中に発生する下肢傷害でよく発生する

・先行研究では,足関節装具は再受傷のリスクを減少させ,関節をサポートすることが示されている

・しかし,足関節装具がパフォーマンスに与える影響は,現在も議論されている

 

方法

・20人の大学選手を対象

・足関節装具なし,足関節装具①を装着,足関節装具②を装着の3条件

・装具はフィギュアエイトとホースシューを再現した編み上げ式(詳細はこちら

・立ち幅跳び,垂直跳び,40ヤードスプリント,T-rillを実施

・立ち幅跳び,垂直跳び,T-rill中の足関節運動(底背屈,内反)を二次元で運動解析(T-drillの詳細はこちら

 

結果

・足関節装具はスピード(40ヤードスプリント)と俊敏性(T-rill)には影響しなかった.

・一方で,跳躍力(立ち幅跳び,垂直跳び)にはネガティブな影響を及ぼした.

・立ち幅跳び,垂直跳び中の底背屈角度は低下した

 

足関節装具によって,スピードやアジリティは影響を受けないようですが,跳躍系(立ち幅跳びや垂直跳び)は影響を受けてしまうみたいですね.その原因はどうやら足関節底背屈運動をしまうからだとか.ですが,40ヤードスプリントでもT-Drillでも大きな底背屈運動が必要とされると思うのですが,どうしてそちらは影響を受けないのでしょうか?今後もっと調べてみますね.

 

 

 

 

-スポーツ, 義肢装具

Copyright© ムダラボ -sport Health Science- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.