義肢装具

Kenevo (ケネボ)の特殊機能 【義足膝継手の種類と機能シリーズ③】

前々回でKenevoの立脚相,前回で遊脚相の制御機構を紹介したように,Knevoは電子制御による膝継手です.そのため,電子制御の強みを生かした特殊機能があります.Kenevoは活動性が比較的低い方にフォーカスして製作された膝継手ですので,特殊機能もその方に向けたものが備えられています.

では,みていきましょう!

【本日の話題】Kenevo (ケネボ) の特殊機能 (義足膝継手の種類と機能シリーズ③)

1) 座位動作サポート機能

普段椅子に座る際に,「どすん」と座ることはあまりないですよね.

これは膝関節屈曲時に伸展筋が遠心性に働いてブレーキをかけている状態です.

Kenevoは油圧シリンダにより屈曲抵抗を生み出し,これを再現しています.

さらに屈曲角度が増大するにつれて,屈曲抵抗も増大する可変式です.

活動度が低い方でも安心して座位をとることが可能になります.

 

2) 立位動作サポート機能

立ち上がり動作時にも安心な機能がついています.

膝継手が90度屈曲位から45度以上伸展した時に屈曲方向へは制限されます.

つまり,力を抜いても膝が急に折れ曲がることはないのです.

45度以上伸ばせなくても,特殊機能1)で述べた座位動作サポート機能が働くので,「どすん」となることもありません.

積極的な補助機能はついていないものの,心強い機能がついていますね.

 

3) 車いす機能

車いすで自走する時には,非切断側で地面を擦るようにして移動します.

この時,義足は動いてくれないので,地面に当たったままだと,引っかかって邪魔になってしまします.

Kenevoは膝屈曲90度から45度以上伸展させると,その角度で自動的に固定してくれます.

そうすれば,車いす自走時に地面に当たることなく,車いすを操作することが可能になりますよね.

 

 

-義肢装具

Copyright© ムダラボ -sport Health Science- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.